レアメタル リサイクル

レアメタルの価格や金額、相場、携帯電話に含まれるレアメタルのリサイクルや回収、輸入問題など、希少金属をとりまくレアメタル問題についての情報を配信中。
MENU

レアメタルのリサイクル状況について

レアメタルのリサイクルの実情についてですが、
日本は世界のレアメタルの25〜30%を消費している国です。
つまりは、レアメタル資源がまったくないのです。
確かに日本は技術先進国であるが、世界中のレアメタルをここまで使って
良いのかな?使いすぎていないのか?
という疑問も持ってしまうのは私だけであろうか。
レアメタルは「レア」であり、「希少」なのだから、
その数少ない資源であるレアメタルの使用に関しては、
「リサイクル」と言う方法が望まれます。

 

レアメタルには未開発の鉱床があり、山の奥や海の底にも
大量のレアメタルが見つかっている事もあり、
日刊産業新聞が産業技術総合研究所に行ったインタビューによると、
今まで人類が掘り出したレアメタルは13万トンだが、
未開発のレアメタルは8800万tもあるというな話もあります。

 

数字の上だけでみるなら、莫大なレアメタルの数ですが、
いくら量があっても、開発に携わる道具や用具、
器具の必要性や国情や鉱床の場所などの問題によって、
そう簡単には資源化できない深刻で、難題な理由があります。
だからと言って、新たな鉱山の開発を進めなければ、
そう遠くないうちに、レアメタルは枯渇する。

 

しかし新規のレアメタルの開発や資源確保には難しい問題があります。
中国や金属シンジケートはさらに今後も価格を吊り上げるでしょうし、
そうなるとレアメタル資源を持たない日本は困ります。
そこで日本が考えなければいけないのが、「リサイクル」なのです。

 

廃棄された家電製品(パソコン、携帯電話、テレビ)からレアメタルを取り出す。
同一基板上に異なるレアメタルが少量づつ使われているため、
レアメタルの分別が難しいなどの課題は残しますが、
金属だから年月が経っても劣化は少なく、
基本的には完全なリサイクルが可能だからこそ、リサイクルの必要性は重要です。
一度手にしたレアメタルをリサイクルすることで、
増えることは無くても減ることもないのですから。
しかし、実際には廃棄された家電製品のうち、
約半数の1000万台以上が海外に流出して、
中古品として再利用されている事をご存知でしょうか?

 

おまけに、その家電製品の基盤についている
レアメタルが現地でリサイクルされています。
これは資源の流出であり、しかも日本のレアメタル技術を
海外に流出していることになります。
さらに驚くべきことは、最大の輸出先は中国だという。
レアメタル大国家の中国にせっかく輸入した
レアメタルを戻す状態にしている日本の政府のやり方は訳が分かりません。
まったくどうかしている。
日本国内でのレアメタルのリサイクル体制を磐石にする必要性は急速です。

 

レアメタルのリサイクルの状況関連ページ

携帯電話のレアメタルとリサイクル
携帯電話に含まれるレアメタルのリサイクルについて紹介。携帯電話に使われいる白ロムは希少金属でありレアメタルです。使われなくなった携帯電話のリサイクルについて紹介していきます。
レアメタル回収が本格化
レアメタル回収とリサイクルが本格化してきた情報について紹介
再利用と仕組み
レアメタルの再利用と仕組みについて
リサイクルの必要性
レアメタルのリサイクルの必要性は希少金属である四間の確保、再生につながります。
リサイクル問題
日本のレアメタルとリサイクル問題について考えてみます
このページの先頭へ