携帯電話 レアメタル リサイクル

携帯電話に含まれるレアメタルのリサイクルについて紹介。携帯電話に使われいる白ロムは希少金属でありレアメタルです。使われなくなった携帯電話のリサイクルについて紹介していきます。
MENU

携帯電話に含まれるレアメタルのリサイクルについて

 

ここ数年で、携帯電話はほとんどの人がもっているほどに広まっています。
しかし、広がりすぎたのは良いとしても、新たに買い求める人というのは減ってきています。
1台の携帯電話を長く使用するという人がが増えてきたということもありますが、
携帯電話の本体価格が高額なので、簡単には取り替えられないという人も増えています。
しかも、国内外の経済が不安定なのも一因かもしれません。

 

携帯電話からレアメタルを取り出す方法としては、
希少金属を効率的に取り出す方法を探るモデル事業を、
秋田、茨城、福岡の三県で2008年度内に実施する方向を打ち出していましたが、
2009年度の今現在はその動向がまだ注目されている段階にあります。

 

携帯電話は各部分にニッケルなどのレアメタル(希少金属)が多く使われており、
これを安定的に確保することが最大の目的なので、
使用済みの携帯電話は完全に回収したいものです。

 

もっと早くから携帯電話などの回収を行うべきであったにも関わらず、
レアメタルの渇枯問題もさることながら、日本にはリサイクルを行う施設がありません。
もちろん、リサイクルにかかる経費も相当な金額になり、
技術云々の問題だけではないのかもしれません。
しかし、どうにか対策を立てて行わなければ、日本の高度技術は消えてします。
技術があっても資源がないのではどうしようもない。
携帯電話の回収、リサイクル・・・これは大きな問題と言えます。

 

 

 

 

 

携帯電話に含まれるレアメタルのリサイクル関連ページ

レアメタル回収が本格化
レアメタル回収とリサイクルが本格化してきた情報について紹介
再利用と仕組み
レアメタルの再利用と仕組みについて
リサイクルの必要性
レアメタルのリサイクルの必要性は希少金属である四間の確保、再生につながります。
リサイクル問題
日本のレアメタルとリサイクル問題について考えてみます
現在の状況
レアメタルの価格や金額、相場、携帯電話に含まれるレアメタルのリサイクルや回収、輸入問題など、希少金属をとりまくレアメタル問題についての情報を配信中。
このページの先頭へ