レアメタル リサイクル 回収

レアメタル回収とリサイクルが本格化してきた情報について紹介
MENU

レアメタル回収とリサイクルが本格的になってきた!

レアメタル回収の事業が本格的に始まるそうですね!

 

日本の経済産業省と環境省が18日、小型家電高機能商品である
使用済みの携帯電話やデジカメ、ゲーム機、パソコン、携帯音楽プレーヤーなどの
早期に向けた回収事業のモデルを立ち上げる計画を発表しましたね。

 

私はこのサイトを立ち上げた時から早急にレアメタルを含んだ製品の回収事業と、
リサイクルシステムを開発して欲しいと願ってましたが、いよいよ現実化しそうでうれしいです!

 

現在、回収事業における問題点としては、回収ルートのある携帯電話と違い、
小型家電は埋め立て処理されるケースが多いので、
携帯電話の回収ルートのような回収場所の設置について検討中であるとのこと。
回収できれば、あとはリサイクルシステム次第で金やパラジウムなどのレアメタルが再利用できるので、
有効活用が期待出来そうです。

 

小型家電の回収モデル事業については12月2日に立ち上げる研究会で検討する予定で、
複数の自治体の協力を得て、公共施設だけでなく、スーパーや駅、コンビニエンスストアなどの、
集客施設に回収ボックスを置くことを想定すると言う事には納得出来ますね。
携帯電話の回収ルートも集客施設がメインになっているのですから、
やはり人の集まる場所には回収ボックスなど、回収方法に工夫は必要になるでしょう。

 

経産省が良い事を言っていました。
年末には大掃除のゴミが大量に出るので、年末までにモデル事業を始めたい考えだそうです。
年末の大掃除ではいつもの月の3倍以上の大型、小型ごみが出るというからチャンスといえるでしょう。
回収の義務化など検討されそうだが、義務化にしたほうがいいのではないでしょうか。
国民の中にはレアメタルの存在も、意味も、必要性も知らない方々が多いのだから。
今の若者に携帯電話が消える!と言ったら喜んで協力してくれるでしょう。

 

無資源国家の日本が産業的にこれから生き残るためには、
リサイクルと共同開発による国際間協力だろうと感じますね。

 

 

 

 

 

 

 

レアメタル回収とリサイクルが本格化関連ページ

携帯電話のレアメタルとリサイクル
携帯電話に含まれるレアメタルのリサイクルについて紹介。携帯電話に使われいる白ロムは希少金属でありレアメタルです。使われなくなった携帯電話のリサイクルについて紹介していきます。
再利用と仕組み
レアメタルの再利用と仕組みについて
リサイクルの必要性
レアメタルのリサイクルの必要性は希少金属である四間の確保、再生につながります。
リサイクル問題
日本のレアメタルとリサイクル問題について考えてみます
現在の状況
レアメタルの価格や金額、相場、携帯電話に含まれるレアメタルのリサイクルや回収、輸入問題など、希少金属をとりまくレアメタル問題についての情報を配信中。
このページの先頭へ