レアメタル リサイクル 日本

日本のレアメタルとリサイクル問題について考えてみます
MENU

日本のレアメタルとリサイクル問題について

日本のレアメタルとリサイクル問題について考えてみましょう。
レアメタルに関わらず、資源のない私たちの国、日本は、
これからも経済発展を続けるために考えていかねばならない事・・・
それは、「リサイクル」が大きな割合を占めるのではないでしょうか。
リサイクルに関しては様々な問題もあります。

 

例えば、ペットボトルのリサイクルでは、リサイクルによって余計にエネルギーが必要になるため、
ペットボトルを生産するよりも経費がかかると言う
効率性の悪さが問題になっているのに改善策が行われていません。 
リサイクル事業を行うには、中小企業に仕事を再配分するという流れがあり、
官民の談合的な身内びいきが環境を悪化させるべく、ゴミ分別を強制しているのが現状です。

 

重要な要素をもつ「リサイクル」事業を、民間企業に任せる場合は
日本政府が最後まできちんと責任を持つべきではないでしょうか。
日本の技術生産の未来を左右するレアメタル事業を、
中小企業や地方都市の救済措置としてではなく、
国の未来をかけたプロジェクトと真剣に受け止め、
国の問題として政府が対応することが必要と言えます。

 

レアメタルの「リサイクル」は、日本の技術生産の未来を左右するほどに深刻な問題です。

 

 

 

 

 

 

 

日本のレアメタルとリサイクル問題関連ページ

携帯電話のレアメタルとリサイクル
携帯電話に含まれるレアメタルのリサイクルについて紹介。携帯電話に使われいる白ロムは希少金属でありレアメタルです。使われなくなった携帯電話のリサイクルについて紹介していきます。
レアメタル回収が本格化
レアメタル回収とリサイクルが本格化してきた情報について紹介
再利用と仕組み
レアメタルの再利用と仕組みについて
リサイクルの必要性
レアメタルのリサイクルの必要性は希少金属である四間の確保、再生につながります。
現在の状況
レアメタルの価格や金額、相場、携帯電話に含まれるレアメタルのリサイクルや回収、輸入問題など、希少金属をとりまくレアメタル問題についての情報を配信中。
このページの先頭へ