レアメタル 価格

スポンジチタンの価格とレアメタルについて
MENU

スポンジチタンの価格とレアメタルの状況

スポンジチタンの価格が今年に入って変動しています。
スポンジチタンはチタン製品の原料であります。

 

チタンは、鉄より4割軽く強度は2倍あるため航空機への採用が急速に進んでいます。
これは燃料を節約できる事からその用途があるのです。
特に中国やインドなど新興国の旅客増で航空機生産が増えたこともあり
需要が急増し、価格が高騰しました。

 

近年は日本や米国などが増産を始めたために、
チタンの価格が高騰を続けている背景があります。
スポンジチタンは、大阪チタニウムテクノロジーズと東邦チタニウムが合わせて
世界の3割を生産しているのが実情なのですが、
両社の2008年の輸出価格は前年比10%増で、4年連続の上昇しましたが、
過去3年と比べ上げ幅は小さいものとなっています。

 

業界の一部では、「価格は09年に下がり始める」との声も出ていますが、
チタンの資源量は地下に埋蔵されている金属としては4番目の存在量であり、
耐食性や耐熱性など機能面でも優れているので、
もし本格的に値下がりすれば、身の回りでチタン製品を目にする機会がまだまだ増えると思われます。

 

スポンジチタンの価格とレアメタル関連ページ

レアメタルの価格の変動について
レアメタルの価格や金額、相場、携帯電話に含まれるレアメタルのリサイクルや回収、輸入問題など、希少金属をとりまくレアメタル問題についての情報を配信中。
このページの先頭へ