レアメタル 価格

レアメタルの価格や金額、相場、携帯電話に含まれるレアメタルのリサイクルや回収、輸入問題など、希少金属をとりまくレアメタル問題についての情報を配信中。
MENU

レアメタルの価格の変動するのは何故?

レアメタルの価格が何故、常に変動したり、乱高になるのか考えてみたいと思う。

 

レアメタルなどの希少金属や金属資源というのは生産量と埋蔵量、
耐用年数の3つが価格に大きく作用していると言われています。
耐用年数とは、埋蔵量に対してその年の生産量で割ったものを意味します。
つまり、生産量や埋蔵量の観点から行くと、生産量やその年の株価などの景気の変動によったり、
どこかの国のどこかの地域で金属資源の鉱山が見つかったりした場合など
耐用年数は伸びると考えられるし、耐用年数は下がるわけだから、価格の変動が起こるのです。
金属資源は常に一定にある訳ではなく、むしろ年々枯れてきている状態なので、
年々、レアメタルなどの金属資源が高騰しているのはその影響でしょう。

 

日本の場合、金属資源が無い状況であり、もちろん、レアメタルなどはすべて輸入に頼っているか、
商社や物産が国外を飛び出し、南アフリカやカナダなどで権益の確保に乗り出している状況である。

 

技術大国日本において、今、レアメタルがすべてなくなったと想定したら、
産業社会は大きな衝撃を喰らうでしょうし、それだけ私達の生活に気づかないように、
レアメタルや金属資源はなくてはならないものになっているのです。

 

携帯電話や自動車、小型音楽プレーヤーやパソコン、ありとあらゆる製品に含まれているため、
レアメタルの価格が高騰し続けると、輸入に頼っているわが国としても重要な問題である。
早急なレアメタル製品の上手な回収作業とリサイクル事業の計画がまたれるばかりである。

 

 

 

 

レアメタルの価格の変動について関連ページ

スポンジチタンの価格とレアメタル
スポンジチタンの価格とレアメタルについて
このページの先頭へ