レアメタル 価格

レアメタルの価格や金額、相場、携帯電話に含まれるレアメタルのリサイクルや回収、輸入問題など、希少金属をとりまくレアメタル問題についての情報を配信中。
MENU

レアメタルの価格を調べる

レアメタルの価格は昔に比べて高騰している傾向にあります。
そもそもレアメタルは私たちが住むこの地球上において、元々の存在量が少ない金属で、
存在量が多くても技術的な事や経済的な事から
取り出すのが難しい金属の事を総評したものです。
算出するだけの経費における価格の高騰ではなく、輸出入の関係もあるのです。

 

レアメタル(希少金属)は、およそ120元素の周期律表の
真ん中あたりに含まれている元素であり、その種類は31種類です。
日本にはレアメタルの資源は無いとされていますが、
隣国の中国や北朝鮮などはレアメタル産出国だそうです。
レア=(希少) + メタル(金属)と言われる由縁がこの様な理由からきているのです。
希少価値が高いだけに価格の金額も高いのはわかる理由がします。

 

希少金属な上に、希少価値が高い『レアメタル』ですから、他の元素と合金しながら、
これまでにない機能や性能、特徴を持った商品や製品を開発する事が出来るのです。
例えばハイテク分野では携帯電話、DVD、IC、液晶、電池などに使われていて、
鉄鋼では高張力鋼や耐熱鋼などに合金として添加されたりする重要な素材なのです。
日本は世界中のレアメタルの約30%を消費する世界最大のレアメタル消費国であり、
レアメタルがなければ、いまの日本の経済成長はなかったとさえ、言う人もいるほどです。

 

レアメタルで出来る製品や物には色々とあるのですが、私たちがよく使う製品で言えば、
携帯電話やパソコン、ビデオカメラやDVDディスク、CDディスク、液晶テレビなど本当に身近にあり、
さらには高層ビルや半導体、橋(橋梁)などにもレアメタルは幅広く使用されているのです。
レアメタルの特性や特徴を生かして、ハイテク分野や産業機械、家庭用品にいたるまで、
レアメタルは幅広く使用されており、この日本においては、欠かす事の出来ない重要な原材料の一つとなっているのです。
ですから、レアメタルの価格、金額が高騰するのは日本にとっては問題です。

 

 

 

 

 

レアメタルの価格記事一覧

レアメタルの価格が何故、常に変動したり、乱高になるのか考えてみたいと思う。レアメタルなどの希少金属や金属資源というのは生産量と埋蔵量、耐用年数の3つが価格に大きく作用していると言われています。耐用年数とは、埋蔵量に対してその年の生産量で割ったものを意味します。つまり、生産量や埋蔵量の観点から行くと、生産量やその年の株価などの景気の変動によったり、どこかの国のどこかの地域で金属資源の鉱山が見つかった...

スポンジチタンの価格が今年に入って変動しています。スポンジチタンはチタン製品の原料であります。チタンは、鉄より4割軽く強度は2倍あるため航空機への採用が急速に進んでいます。これは燃料を節約できる事からその用途があるのです。特に中国やインドなど新興国の旅客増で航空機生産が増えたこともあり需要が急増し、価格が高騰しました。近年は日本や米国などが増産を始めたために、チタンの価格が高騰を続けている背景があ...

このページの先頭へ